参考文献

Accounting Research Bulletin No.47“Accounting for Costs of Pension Plans”1956
Accounting Principles Board Opinions No.8“Accounting for Costs of Pension Plans” 1966
FASB Discussion Memorandum“Employers’Accounting for Pensions and Other Postretirement Benefits”1981
FASB Discussion Memorandum“Employers’Accounting for Pensions and Other Postretirement Benefits”1983
FASB Discussion Memorandum“an analysis of issues related to Present Valued-Based Measurements in Accounting”1990
Financial Accounting Concepts No.1“Objectives of Financial Reporting by Business Enterprises”1980
Financial Accounting Concepts No.2“Qualitative Characteristics of Accounting Information”1980
Financial Accounting Standards No.87“Employers’Accounting for Pensions”1985
Financial Accounting Standards No.106“Employers’ Accounting for Postretirement Benefits Other Than Pensions”1990
Financial Accounting Standards No.132“Employers’ Disclosures about Pensions and Other Postretirement Benefits−an amendment of FASB Statements No.87 ,88, and 106” 1998
IASC“Framework for the Preparation and Presentation of Financial Statements”1989
IASC Issues Paper“Retirement benefits and Other Employees Benefits Costs”1995
International Accounting Standards No.19“Employee Benefits”1998
企業会計審議会『企業会計上の個別問題に関する意見第二 退職給与引当金の設定につい て』1968
企業会計審議会『退職給付に係る会計基準の設定に関する意見書(公開草案)』1998
企業会計審議会『退職給付に係る会計基準の設定に関する意見書』1998
日本公認会計士協会『適格退職年金制度等に移行した場合の会計処理及び表示と監査上の 取扱い』1979
日本公認会計士協会『退職給付会計に関する実務指針について』1999
Alan I. Blankley,Edward P. Swanson‘A Longitudinal Study of SFAS87 Pension Rate Assumptions’“Accounting Horizons”Vol.9,No.4,1995
Donald Keiso, Lerry J. Weygandt "Intermediate Accounting" WILEY,1998
Chrysler Corporation“Annual Report”1997
Ford Motor Company“Annual Report”1997
General Motors“Annual Report”1997
飯野利夫『財務会計論』同文舘,1998
五十嵐則夫 「国際会計基準における『事業主の年金会計基準』と日本基準に与える影響に ついて」『企業会計』Vol.49,No.7,1997
五十嵐則夫 「米国における事業主の年金会計基準」『企業会計』Vol.5,No.5,1998
五十嵐則夫「我が国の企業退職給付会計の現状と課題並びに米国会計基準及び国際会計基 準との比較について」『JICPAジャーナル』No.499,FEB.,1997
位田周平「企業年金の財政運営と退職給付会計基準」『企業会計』Vol.50,No.11,1998
伊藤邦夫『ゼミナール現代会計入門』日本経済新聞社,1996
今福愛志「年金をめぐる諸問題と企業会計」『企業会計』Vol.50,No.5,1998
今福愛志「退職給付会計基準の役割と課題」『企業会計』Vol.50,No.11,1998
今福愛志「新年金会計基準はグローバルスタンダード化したか」『企業会計』Vol.51,No.10, 1999
今福愛志「年金負債の会計制度問題」『會計』第153巻,第2号,1998
今福愛志「我が国の『退職給付に係る会計基準』の基本的枠組み」『JICPAジャーナル』 No.518,SEP.,1998
今福愛志『企業年金会計の国際比較』中央経済社,1996
岩室充・辻前正紀「年金会計研究委員会報告書『年金会計をめぐる論点』の概要」『企業会 計』Vol.49,No.13,1997
大楠泰治・川北英隆「日本型コーポレート・ガバナンス構造の崩壊」『DHB』Apr.-May,1998
大山義弘「日米における退職給付債務の差異」『JICPAジャーナル』No.499,FEB.,1997
柏崎重人「上場企業24社に見る企業年金の実態」『DHB』Apr.-May,1998
柏崎重人「年金債務の開示状況」『企業会計』Vol.50,No.5,1998
企業財務懇談会「企業年金に係る会計処理基準の検討にあたっての論点の整理」『JICPAジ ャーナル』No.501,APR.,1997
黒川保美編『総解説・国際会計基準』日本経済新聞社,1996
黒川行治「年金基金資産・負債のオンバランスの論理」『JICPAジャーナル』No.507,OCT., 1997
黒川行治「退職給付会計基準の論点」『企業会計』Vol.50,No.11,1998
小島義輝『英文簿記の手ほどき』日本経済新聞社,1995
小島義輝『英文会計の実務』日本経済新聞社,1997
小島義輝『英文会計入門』日本経済新聞社,1998
小島義輝『入門・英文会計(上・下)』日本経済新聞社,1998
小島義輝『ゼミナール英文会計入門』日本経済新聞社,1998
小林伸行・藤原哲『退職給付会計の実務』東洋経済新報社,1999
(財)企業財務制度研究会『年金会計』中央経済社,1999
清水時彦「企業年金の新しい財政検証と母体企業への影響」『企業会計』Vol.50,No.5, 1998
鈴木輝夫「年金積立に係る信託方式と現物拠出方式の会計処理」『企業会計』Vol.51,No.10, 1999
関根愛子「年金の会計処理」『JICPAジャーナル』No.512,MAR.,1998
醍醐聰「年金資産・年金負債の評価問題」『會計』第146巻,第1号,1994
多賀谷充「我が国の年金会計論をめぐる論点と検討方向」『企業会計』Vol.50,No.5,1998
多賀谷充「企業会計審議会意見書の解説」『企業会計』Vol.50,No.11,1998
田中周二「年金財政の現状と今後」『企業会計』Vol.51,No.10,1999
田村正雄監訳『企業年金の基礎』ぎょうせい,1998
富田啓一「退職給与引当金について」『経営財務』No.2375,1998
中島公明「退職給付会計基準の設定と概要」『企業会計』Vol.50,No.11,1998
中野誠「企業価値評価と年金ファクター」『企業会計』Vol.50,No.5,1998
中野誠「企業年金会計基準の経済的影響論」『企業会計』Vol.51,No.10,1999
中野誠「企業年金会計情報と資本市場」『JICPAジャーナル』No.510,JAN.,1998
中野誠「年金ファクターで分析する企業価値最大化戦略」『DHB』Apr.-May,1998
西川郁夫「国際会計基準(IAS)改訂19号『従業員給付』の概要」『企業会計』Vol.50,No. 5,1998
西山茂「国際会計基準で表面化する企業会計の弱点」『DHB』Apr.-May,1998
日本公認会計士協会東京会『問答式 企業年金の会計と税務』同文舘,1981
野口晃『格付けの基礎知識』東洋経済新報社,1998
平松一夫・広瀬義州訳『FASB財務会計の諸概念』中央経済社,1994
平山直充「わが国及び諸外国の退職給与会計」『経営財務』No.2311,1997
三菱信託銀行FAS研究会『米国の企業年金会計基準と適用指針』白桃書房,1997
村上清『企業年金の知識』日本経済新聞社,1997
山田一成「企業年金税制日米比較」『DHB』Apr.-May,1998
吉田和生「株式・労働市場における退職給付債務と積立に関する考察」『企業会計』Vol.51, No.10,1999
吉田和生「企業年金債務の要因分析」『會計』第154巻,第2号,1998
若杉敬明「見えざる負債 企業年金への挑戦」『DHB』Apr.-May,1998